ペヤングは若いカップルに二人で一つのものを仲良く食べて欲しいという願いから「ペア」と「ヤング」を合わせて名付けられた。今ではそんな商品の名前の由来なんて知らずに一人で食べる人が多いが、昔はカップ麺は高価だった。

さすがにペヤングが発売開始された1975年(昭和50年)には価格は155円(税抜)と今とそれほど変わりない価格だが、カップ麺を一人で食べるのは贅沢で、分け合って仲良く食べることを願っていたことが分かる。

日本が経済成長する前は食が満足できるほどあふれていた訳ではないし、テレビや車だって当たり前に持てるものではなかった。ペヤングの名前の由来を考えると時代の流れと物に対する考え方の変化を感じ取ることができる。そのペヤングにとんでもないサイズの商品が登場した。
19346555-FE4E-4525-87B8-2029C3DC2B70

ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAXについて

ペヤングは若いカップルに二人仲良く食べることを願って名付けられたが、2人では食べきることができないような特大サイズのペヤングが登場している。その名もペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX。
486DAA22-80EE-462F-A37F-12F958876478
超が3つもつき、大盛、GIGAMAX、とにかく名前からとんでもない大きさであることは分かる。しかもカロリー2142kcalで1日1食までと書かれている。通常のペヤングソースやきそばの約4倍サイズでと言われており、価格は385円(税別)。通常のペヤングソースやきそばの価格が170円(税別)。4倍サイズで単純に価格も4倍にすると680円のところが385円なので、量を比較した金額換算では約300円お得になる。
CC702940-5F29-4633-BD65-A3EC27E53C48
ちなみにペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAXの内容量は439g。通常のペヤングソースやきそばは内容量120gなので実際には4倍とまではいかないが、大体4倍程度のものすごいサイズであることが分かる。また、関東では発売日2018年6月18日に対し、関東以外では発売日が2018年7月9日。まずは関東で先行発売し、売れ行きを見て生産調整するのだろうか。

ペヤングソースやきそば通常サイズと超超超大盛GIGAMAXを比較

ペヤングソースやきそばの通常サイズと超超超大盛GIGAMAXを比較するのはためらった。正直、何度も迷った。約4倍サイズで2142kcalの超超超大盛GIGAMAXを食べきれる訳がないし、更に通常サイズも開けて比較するのはかなりの冒険に思えた。

食べ残して無駄にはしたくなかったが、サイズの違いを知るには並べて比較するしかない。約4倍というサイズの違いは頭では分かっているが、百聞は一見に如かずで実際に自分の目で見て確かめたいと思ってしまった。きっとその量の多さに苦しむだろう、ソース味にもだんだん飽きてくるだろう、しばらくはペヤングソースやきそばの夢を見るかもしれない。

それでも超超超大盛GIGAMAXというネーミングが自分に当てられた挑戦状のように思えてならなかった。たとえ全て食べ終わったところで変わるのはお腹が膨れるくらいだろう。だがそこには無謀と分かりつつも果敢に挑んだ勇気と食べ終えたことによる達成感が味わえそうだ。

通常サイズと超超超大盛GIGAMAXの比較検証

まず超超超大盛GIGAMAXと通常サイズの中身を取り出す。ソース、かやく、ふりかけとスパイスを比較するが、左が超超超大盛GIGAMAX、右が通常サイズで大きさの違いは明らかだ。
AF9213D4-0A72-450C-81E7-CC705C5DBD0B
超超超大盛GIGAMAXは内容量439gに対してめん330gだから、ソース、かやく、ふりかけとスパイスの量は109gになる。

通常サイズは内容量120gに対してめん90gだから、ソース、かやく、ふりかけとスパイスの量は30gになる。ソース、かやく、ふりかけとスパイスの量も4倍とまではいかないが、めんと同様にだいたい4倍の大きさになっていることが分かる。

続いて中身のめんを見てみると超超超大盛GIGAMAXのめんは2つに分かれている。
8FAEF27E-AC91-48F3-90C2-4EB638F78870
とんでもない多さだ。お湯を入れる前にお湯の目安量を見ると超超超大盛GIGAMAXは1300ml、通常サイズは480ml、なんと1L以上も入れるのか!

お湯を入れた後の待ち時間はどちらも3分だからお湯の量が足りないなんてことになると、更にお湯を足そうと沸かし始めたらあっという間に3分が経過して中途半端な仕上がりになってしまうことが予想される。超超超大盛GIGAMAXを食べる際はたっぷりのお湯を用意すべきだ。ちなみに1300mlは鉄瓶いっぱいのお湯が全てなくなるくらいの量だった。
50DB8241-46E9-4EC3-AF13-B2492F768FEE
写真はお湯を切った後の仕上がり。下が超超超大盛GIGAMAXで上が通常サイズ。
235D3B3A-1237-4695-AB70-D91BE57DF75A

通常サイズと超超超大盛GIGAMAXを食べた感想

ソースとかやくを入れてトングで混ぜた。通常サイズはトングで普通に混ぜることができた。超超超大盛GIGAMAXは量が多いので混ぜるのも一苦労だ。それぞれ同じ大きさのお皿にのせてみた。左が超超超大盛GIGAMAX、右が通常サイズ。超超超大盛GIGAMAXはお皿からこぼれそうなくらいの量だ。
688075B8-BB00-468D-B5AE-EB8B7717436D
とちらも食べたが味は変わらない!変わっていたら困るんだけどね。ソースのまろやかな味が美味しい。出だしは好調だ。結構食べられるなと思っていたのも束の間、しばらくして手が止まってしまった。あれほど意気込んでいたのにやはり食べきれなかった。明日に持ち越しだ。
D2BB2466-69B9-4143-A2BB-F962AC0AA7F3
超超超大盛GIGAMAXは家族や友人と人が多く集まったときに皆で食べるのがおすすめ。たくさん食べることができる人は385円(税別)でこれだけの量はものすごくお得だ。ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAXはネーミング通りのボリュームだ。一度食べてみてはいかがでしょうか。
以前書いたペヤングの関連記事も良かったらどうぞ。

まとめ

・ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAXはやはりものすごい量だった
・ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAXはお湯の量に注意
・ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAXは通常の約4倍量で価格はお得