コメダ珈琲店の看板メニューのシロノワール派生商品として、季節限定の「シロノワールいちごチョコ」が2019年1月30日(水)より新発売されている。温かいデニッシュパンと上にあるソフトクリームの作りは変わらないが、濃厚いちごチョコクリームと甘酸っぱいいちごソースをたっぷりかけた商品となる。

IMG_2073

見た目もピンク色に染まったかわいいシロノワールで思わずニコッとハッピーな気分になっちゃう商品だ。今回はコメダ珈琲店の季節限定メニューとして新登場した「シロノワールいちごチョコ」を紹介していきたい。


シロノワールいちごチョコについて

通常のシロノワールは別添えでシロップをかけて食べるが、この季節限定の「シロノワールいちごチョコ」はいちごソースがかけられているため、シロップはかけない。冬のこの時期は多くのファミリーレストランでもいちごを使ったデザートが多数登場しているが、コメダ珈琲店でもいちごのデザートを期待する声に応える形として新商品が登場した。

IMG_2067

シロノワールは1977年から40年以上販売しているロングセラー商品だ。デニッシュパンとソフトクリームの味は変わらないまま、派生商品として新しさを取り入れているので、季節限定で登場している「シロノワールいちごチョコ」は昔からのシロノワールファンにも喜ばれ、新しくコメダ珈琲店を利用する人にも喜ばれる商品となる。2019年3月上旬までの販売予定。シロノワールいちごチョコは税込800円、ミニシロノワールいちごチョコは税込550円となる。

IMG_2069

シロノワールいちごチョコを食べた感想

見た目は一面がピンク色で目立っており、春を感じさせる爽やかな作り。デニッシュにいちごチョコクリームがかけられ、ソフトクリームに更に上からいちごソースがかけられている。いちごソースが結構かかっているので甘そうだなというのが第一印象だ。シロノワールいちごチョコを食べると最初に濃厚いちごチョコクリームの甘さがくるが、その後に甘酸っぱいいちごソースの味も感じられ、甘いだけではなくいちご本来の味わいもあってバランスの良い味だ。この2つのいちごの味わいがあるから飽きずに食べることができる。

IMG_2071

デニッシュパンの中には何も挟まっていない。シロノワール派生商品の中にはデニッシュパンの間にソースを入れることもあるが、このシロノワールいちごチョコに関しては甘過ぎる味になると考えて敢えて何もいれなかったのだろう。デニッシュの上には固形の花びら型チョコプレートが添えられて更に彩かわいく仕上げている。バレンタインの時期にぴったりなメニューだ。

IMG_2072

シロノワールいちごチョコを食べ終わって思うこと

食べ終わった後に思ったのは、見た目のすごく甘そうな第一印象とは違ってバランスの良い味わいだったということだ。ソフトクリームの甘さとバター香るデニッシュの味も合っている。ソフトクリームといちごが混ざり合うといちごミルクのような味になり、これがまた美味しい。いちごの甘酸っぱさも楽しめて食べると幸せを感じられるデザートだ。
IMG_2075

バランスの良い味わいのメニューだとは思うが、やはり甘いので飲み物はコーヒーやカフェオレなど甘さ控え目のものが良さそうだ。見た目がかわいいので特に女性に好まれそう。通常サイズは大きいので何人かで分けた方が良さそうだ。1人で食べるのならミニサイズがおススメとなる。甘いもの好きでいちごが好きなら通常サイズでもいけそう。
IMG_2079

気になるカロリーはシロノワールいちごチョコ通常サイズが1,031kcal、ミニシロノワールいちごチョコが487kcalとなる。通常サイズは大台を超えるカロリーとなる。これは先日とりあげたフレッシュネスバーガーのクラシックWWバーガー1,100kcalに迫る数字。


それにしても通常サイズとミニサイズで大分カロリーが違う。一人で通常サイズにするかミニサイズにするか迷ったときは、ちょっとカロリーも気にした方がいいかもしれない。

IMG_2076

今回はコメダ珈琲店の季節限定メニュー「シロノワールいちごチョコ」を紹介した。気になる方はコメダ珈琲店へ行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

・シロノワールいちごチョコは見た目がかわいくて爽やか
・シロノワールいちごチョコはいちごソースのバランスが美味しい!
・シロノワールいちごチョコ通常サイズのカロリーは1,031kcal