ハンバーガーチェーン店のモスバーガーで、昨年260万食を突破して毎年販売数アップしているクリームチーズテリヤキバーガーが復活販売している。

2019年3月28日(木)~5月下旬までの期間限定販売で、販売価格は税込390円。2016年から春の時期に限定販売されているので、楽しみにしている人も多いかと思う。2016年の販売開始から200万食を突破している人気商品となっている。

FullSizeRender

テリヤキバーガーはマヨネーズが使われているが、クリームチーズテリヤキバーガーは、特製のクリームチーズを使用している。今回はモスバーガーのクリームチーズテリヤキバーガーを紹介していきたい。

FullSizeRender


クリームチーズテリヤキバーガーを紹介

まず驚いたのは、テリヤキバーガーは、モスが日本のハンバーガーチェーンにおいて初めて発売していた。1973年5月のことだ。今ではどこのハンバーガーチェーン店でもテリヤキバーガーは販売されていて珍しくないが、モスバーガーがテリヤキバーガー元祖ということで歴史が一番長い。

FullSizeRender

テリヤキバーガーは味噌と醤油をベースにした和風のテリヤキソースが特徴だ。それに洋風の特製クリームチーズを組み合わせたのがクリームチーズテリヤキバーガーとなる。2016年から春限定で販売しているクリームチーズテリヤキバーガーだが、2019年はちょっと内容が違う。

FullSizeRender

それはクリームチーズをプロセスチーズからナチュラルチーズに変更し、カマンベールパウダーをブレンドしてチーズ感をアップしているという点だ。たっぷりのシャキシャキレタスに濃厚な味わいのクリームチーズ、醤油と味噌(赤味噌、白味噌)を使った和風のテリヤキソースが特徴のパティ。これらを組み合わせたのがクリームチーズテリヤキバーガーだ。

FullSizeRender

クリームチーズテリヤキバーガーを食べた感想

提供されたクリームチーズテリヤキバーガーを見てまず思ったことは、レタスの量がものすごいことだ。野菜が多いっていうのは嬉しい。いつもボリュームのあるハンバーガーを食べるときに戸惑うのだが、どこから食べればいいか考えてしまう。このバーガーの場合、まずレタスの量に圧倒される。

IMG_3960

食べるとテリヤキの醤油と味噌の味が結構コクがあって美味しい。さすが元祖テリヤキバーガーのお店だけある。これだけコクのあるテリヤキの味を楽しめるお店はそうはないだろう。シャキシャキのレタスとも合う。コクのあるテリヤキの味だが、その味に負けていないのがクリームチーズだ。ナチュラルチーズとカマンベールパウダーの効果で濃厚な味わいで、テリヤキ味との相性が抜群で美味しい。

IMG_3962

クリームチーズってこんなにテリヤキの味と合うんだと驚く。このクリームチーズの味は小岩井のぬるクリームチーズに近い味だなと思った。もしクリームチーズテリヤキバーガーが美味しくて好きな方は小岩井のクリームチーズもきっと好きだと思う。マヨネーズを使ったテリヤキバーガーもいいけど、クリームチーズを使ったクリームチーズテリヤキバーガーの方が好きだ。

他にもクリームチーズテリヤキバーガーに関する情報

クリームチーズバーガーにはソイパティを使用した商品もあり、ソイクリームチーズテリヤキバーガーが税込390円、パティを2枚にしたクリームチーズダブルテリヤキバーガーが税込510円となる。

クリームチーズテリヤキバーガーは通常価格税込390円だが、モスバーガーのアプリやSmartNewsのクーポンを使用すると、30円引きの税込360円で購入できるので(2019年年3月29日時点)、少しお得になる。

FullSizeRender

今回は、モスバーガーの昨年260万食を突破して毎年販売数アップのクリームチーズテリヤキバーガーを紹介した。クリームチーズをナチュラルチーズに変更し、カマンベールパウダーを加えて濃厚なチーズ感を味わえるテリヤキバーガーだ。気になる方はモスバーガーへ行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

・クリームチーズテリヤキバーガーは売上数が多い人気メニュー
・テリヤキの味にコクがあるが、濃厚なチーズの味が負けていない
・今年のクリームチーズテリヤキバーガーはクリームチーズを変更