ハンバーガーチェーン店のモスバーガーで、カレーフェスを実施している。夏をおいしく、たのしく。モスはカレーで夏を盛り上げるということで、カレーを使ったカレーもスバーガーが登場している。

FullSizeRender

カレーモスバーガー販売期間:2019年7月18日(木)~9月中旬

このカレーモスバーガーは、カレーのスパイスを効かせた夏の暑い季節にぴったりの商品。2015年に期間限定で販売して好評だったが、しばらく販売されておらず、4年ぶりにリニューアルされて復活。今回は、モスバーガーのカレーフェスを紹介していきたい。


カレーモスバーガー

モスバーガーのカレーモスバーガーが数年ぶりに復活した。日本人の味覚に合うようにリニューアルし、本格的なスパイスの味わいに和風の旨味を感じるように仕上げている。誰にでも愛される日本のカレーをハンバーガーに合うように工夫し、ミートソースをカレーソースに変えてカレーモスバーガーは誕生した。

FullSizeRender

本格的なスパイスを使ったカレーモスバーガーは、食欲増進、冷え防止、発汗を促す効果があるので夏にぴったりだ。カレーソースは複数のカレー粉を調合。オニオン、ニンジン、クミン、コリアンダーなどのスパイスを使用して味の奥深さを引き出している。

FullSizeRender

バンズに挟んでいるのは、ジューシーなハンバーガーパティ、アメリカンマスタード、カロリーハーフマヨネーズ、オニオンのみじん切り、スパイスの効いたカレーソースに輪切りのトマト。和風の味に仕上げるために、隠し味として野菜ブイヨン、カツオだし、醤油を加えている。価格は390円(税込)、カロリーは370kcal。

FullSizeRender

カレーの恩返しで更に本格的なカレーに!

カレーモスバーガーを更に本格的なスパイス感で味わうなら、カレーの恩返しの追加をおススメしている。この追いスパイスのカレーの恩返しは、ほぼ日の仕上げ用のスパイスミックスで、12種のスパイスがミックスされた香りと味の変化を楽しむことができる商品。

FullSizeRender

12種のスパイスは、カルダモン、クミン、コリアンダー、ターメリック、シナモン、ピンクペッパー、クローブ、唐辛子、ローレル、フェンネル、フェネグリーク、レモングラス。1袋70円でモスバーガーの店頭で販売している。早速、カレーモスバーガーにカレーの恩返しをかけてみた。

FullSizeRender

カレーモスバーガーのカレーソース自体が本格的なスパイシーな味わいだが、更にスパイスを追加することで、スパイス感がより感じられるよう味わいが変化する。カレー商品以外にかけてもスパイス感が楽しめて美味しくなるが、カレーモスバーガーにかけてもよりスパイス感が増して美味しい。

FullSizeRender

更に辛さが欲しい、そんなあなたへ

モスバーガーは、モス史上最強の辛さのトッピングソース「黒いデス辛ソース」を販売することを公表している。このソース、世界最強クラスの辛さと言われている唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用しており、ハラペーニョ(青唐辛子)の約300倍の辛さ。

FullSizeRender

黒いデス辛ソース販売期間:2019年8月8日(木)~9月中旬

すべてを黒く塗りかえる超激辛と恐れられているソース。刺激的な辛さと豊かな香りが特徴で、ブラックペッパーを使用してキレを加えている。注意事項として、「目や傷口に触れないようにご注意ください」とも書かれている。どれだけ辛いのだろう。価格は1袋70円。

FullSizeRender

今回は、モスバーガーのカレーフェスとして、カレーモスバーガーと追いスパイスのカレーの恩返し、今後販売を予定している黒いデス辛ソースを紹介した。気になる方は、モスバーガーへ行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

・カレーモスバーガーはスパイスが効いて和風味の仕上げ
・カレーの恩返しは12種の本格的なスパイス
・黒いデス辛ソースは青唐辛子の約300倍の辛さ