コンビニエンスストアのセブンイレブンで、nanacoで買うとnanacoポイントが2倍になるキャンペーンを実施している。通常、nanacoは200円(税抜)の会計につき1nanacoポイントがたまるが、キャンペーン期間中は、100円(税抜)につき1nanacoポイントがたまる。

FullSizeRender

キャンペーン期間:2019年8月10日(土)~9月30日(月)

nanacoはセブン&アイホールディングスの電子マネー。セブンペイの導入に伴い、nanacoポイントの付与率は下がっていたが、セブンペイ不正利用に伴ってサービス終了することが決定し、再びnanacoポイントの付与率の見直しに至った。

FullSizeRender

今回はセブンイレブンがnanacoで買うとポイント2倍のキャンペーンを実施しているが、その効果はどうなんだろうか、感じたことを紹介していきたい。


nanacoポイント2倍のキャンペーン

セブンペイのサービス終了に伴い、nanacoポイントの付与率の見直しがされて実施されているこのキャンペーン。nanacoポイントは1ポイントにつき、1円相当として利用できるが、通常、200円(税抜)で1nanacoポイント付与されるところを、2倍の100円(税抜)で1nanacoポイント付与することにした。

FullSizeRender

キャンペーン期間:2019年8月10日(土)~9月30日(月)

もともとセブンペイは、キャッシュレス決済による利便性と購買情報管理により個人の趣向に合わせた購買提案を行うことを目的に、普及していきたい狙いがあった。しかしセキュリティの甘さによるセブンペイサービスは終了することになってしまった。

FullSizeRender

そこで、nanacoポイントを2倍にするキャンペーンを実施ことで、自社の電子マネー決済を利用してもらい、nanacoを利用する意味を見出そうとしている。購買情報管理をすることで、個人に合わせたクーポンの発行など、売上向上につなげていきたいという考えがあるからだ。

FullSizeRender

ポイント2倍ってどうなの?

セブンイレブンとしては、客側の利便性を考えて、様々なキャッシュレス決済に対応することにしているが、自社の電子マネーも利用して普及を促したいというところだ。だが、nanacoポイント2倍にしたときに、他のキャッシュレス決済と比較してお得なのだろうか?

FullSizeRender

LINEPayと比較してみると、クーポン利用やPayトクなどのポイント還元のキャンペーンを実施するときは、LINEPayを利用した方が明らかだ。ではLINEPay独自のキャンペーンを実施していないときは、どうなのだろうか。nanaco2倍のときの還元率は100円(税抜)に1nanacoポイントなので、1%還元。

FullSizeRender

LINEPayはマイカラーによるポイント還元があり、LINEPayトータルで10万円以上の支払いはグリーンで2%還元、5万円以上の支払いはブルーで1%還元、1万円以上の支払いはレッドで0.8%還元、それ以外はホワイトで0.5%還元となる。nanaco2倍キャンペーンは、LINEPayだとブルーカラーの還元と同等ということになる。

今回のキャンペーンについて思うこと

今回はnanacoポイント2倍キャンペーンのときは還元率が1%、通常は0.5%。LINEPayと比較すると、利用額に応じて還元率が変わるということが分かり、利用金額に応じてお得な還元率の方を選ぶのが賢い買い物の仕方だという言えそうだ。

FullSizeRender

一方でセブンイレブンアプリの会員コード読み取りによるバッジの取得やクーポンの発行もお得に利用したいところだ。nanaco以外の決済方法を選ぶ際には、セブンイレブンアプリの会員コード読み取りも行った上で支払うのが良さそうだ。

FullSizeRender

今回はセブンイレブンで実施中のnanacoポイント2倍キャンペーンについて紹介した。還元率を確認した上でnanacoポイント2倍の方がお得であるか確認の上、利用したい。9月末までnanacoポイント2倍キャンペーンを実施するが、10月以降の動向も気になるところだ。

まとめ

・セブンイレブンでnanacoポイント2倍キャンペーンを実施中
・nanacoポイント2倍は還元率1%、購買情報管理につなげたい
・他決済と還元率を比較して決済し、会員コードは読み取るべき