讃岐うどんの丸亀製麺で、十五夜に思いを馳せて先取りスタートということで、輝く満月を味わう丸亀月見祭を開催する。好きな釜玉商品を一杯買うと釜玉うどん(並)が一杯無料になるお得なキャンペーンとなる。

FullSizeRender

キャンペーン期間:2019年9月11日(水)~9月13日(金)毎日17時より

一杯無料でもらえる釜玉うどんは、家族や友達とシェアしてもいいし、たくさん食べる方は釜玉うどんを2杯食べてもいい。釜玉うどんの玉子を月に見立てて、秋の夜風を感じながら月見を楽しみながら、丸亀月見祭を楽しみたいところだ。

FullSizeRender

今回は、丸亀製麺で釜玉商品を買って、釜玉うどん(並)が一杯無料になるお得な丸亀月見祭を紹介していきたい。


丸亀製麺の丸亀月見祭

今年は9月13日(金)が十五夜だ。月が綺麗に見える秋の季節に、丸亀製麺でお月見を楽しんでもらおうということで、好きな釜玉商品を一杯買うと、釜玉うどん(並)が一杯無料になる丸亀月見祭が、十五夜を含む3日間限定で毎日17時より夜の時間帯のみ開催される。

FullSizeRender

キャンペーン期間:2019年9月11日(水)~9月13日(金)毎日17時より

十五夜の9月13日(金)だけではなく、3日間実施してくれるのは嬉しい。お好きな釜玉うどん(明太クリーム釜玉、チーズ釜玉、明太釜玉、明太チーズ釜玉、牛すき釜玉、釜玉)を購入すると、その場で釜玉うどん(並)をもう一杯無料で提供される。

FullSizeRender

釜玉うどん(並)税込360円が無料で提供されるので、かなりお得なキャンペーンとなる。夜17時から開始ということで、夕食に釜玉うどんを食べたいところだ。お得なキャンペーンなので、夜17時以降は行列ができるかもしれない。丸亀製麺の月見祭は去年も開催されていたが、人気があった。

釜玉うどんについて

丸亀製麺へ行くと、釜玉うどんをよく注文する。釜玉うどんは、釜から揚げたての麺に生たまごお絡めてだし醤油をかけるメニュー。丸亀製麺のうどんは、打ち立て、生だからふっくらモチモチ食感を味わえる。玉子を絡めることで甘味も感じられ、だしと玉子の味わい、うどんの素材の良さを感じられるのが釜玉うどんだ。

FullSizeRender

丸亀製麺では、釜玉うどんの作法を紹介しており、まずはそのまま玉子を混ぜず、醤油もかけずに麺そのものの小麦の香りと味を楽しむ。次に玉子を混ぜる。そしてだし醤油をどんぶり2周半回かけて食べ、薬味のねぎ、天かす、すりごまをお好みで入れる。最後に混ぜて食べるという流れだ。

FullSizeRender

釜玉うどんを注文すると、お店の方から玉子は混ぜてよろしいですか?と聞かれる。もちろん自分で混ぜてもいいが、お店の方にササッと素早く混ぜてもらうのを見ているのもいいものだ。どんぶりに残った玉子汁は、玉子スープとして飲むこともできる。これがまた美味しい。

FullSizeRender

今回のキャンペーンについて思うこと

丸亀月見祭は十五夜を含んだ3日間開催される。十五夜は秋に訪れる月見の風習として、昔から月にうさぎが餅つきをしている様子を想像しながら、満月を眺めたり、お供え物として丸い団子を積んで、側にはすすきを飾ったりして楽しんだ。また、十五夜の風習として、農作物の収穫や祖先とのつながりを祈っていた。十五夜は月が特に綺麗に見える。

FullSizeRender

旧暦で7月~9月が秋で秋の真ん中の8月15日が中秋の名月と呼ばれていた。現在の暦と旧暦は1ヶ月前後のずれがあり、新暦だと9月15日前後の満月の日を十五夜とし、2019年は9月13日(金)が満月の日として十五夜とされている。十五夜の日は、夜空を見上げて満月が綺麗に見えればいいなと思う。

FullSizeRender

丸亀製麺でも好きな釜玉うどんを注文し、玉子を月に見立てて味わいたいところだ。そして釜玉うどん(並)を一杯無料でもらい、家族や友達とシェアしたり、思い切り一人で食べたり、お得な丸亀月見祭を楽しみたいなと思う。

今回は丸亀製麺の丸亀月見祭を紹介した。好きな釜玉うどんを買うと、釜玉うどん(並)が一杯無料になるお得な3日間となる。気になる方は丸亀製麺に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

・丸亀製麺の丸亀月見祭は3日間実施、夜17時から
・好きな釜玉うどんを買うと、釜玉うどん(並)が一杯無料
・十五夜の風習は農作物の収穫や祖先とのつながりを祈っていた