ハンバーガーチェーン店のモスバーガーで、2020年福袋が販売される。2019年福袋は500円券×5枚、ブランケット、エコバッグ、ポチ袋と実用性のある中身だったが、2020年福袋の中身は何が入っているのだろうか?

販売期間:2019年12月26日(木)~
販売価格:1,852円+税(税込2,000円)

2020年福袋はヒッコリー調バッグ+バラエティパックA引換券×2枚がPPバッグに入っている。バラエティパックは、フレンチフライポテトLサイズ2コ分と、オニオンフライ2コ分のセットで、価格は926円+税。福袋はバラエティパック引換券2枚の金額でバッグがもらえることになる。

FullSizeRender

今回は、モスバーガーの2020年福袋を紹介していきたい。


モスバーガー2020年福袋の中身

モスバーガーの2020年福袋は、元旦からの販売ではなく、年末から数量限定で店舗販売される。福袋の中身は、ヒッコリー調バッグ+バラエティパックA引換券×2枚。これらがPPバッグに入れて渡される。バラエティパックはポテトとオニオンフライのセットなので、2019年福袋の500円券×5枚の方が色々なメニューに使えて良かったかなと思う。

FullSizeRender

販売期間:2019年12月26日(木)~
販売価格:1,852円+税(税込2,000円)

ポテトやオニオンフライを家族や友人とたくさん食べたいという方で、普段使い用でヒッコリー調バッグが欲しい方は、食事分の税込2,000円でバッグがもらえるので、お得な買い物だと思う。モスキャラクターのモッさんのグッズが入っていたらもっと面白かったんだけどな。

FullSizeRender

オリジナルグッズについて

ヒッコリー調バッグは、男女問わないデザイン。裏地付きで普段使いに最適なトートバッグ。
<サイズ> W約300mm×H約250mm×D約120mm
<素材> 綿100%

FullSizeRender

バラエティパックA引換券×2枚(専用封筒入り)は、フレンチフライポテトLサイズ2コ分と、オニオンフライ2コ分のセット。専用封筒に入っているため、贈答用としても利用できる。有効期限は、2019年12月26日(木)~2020年3月31日(火)となり、福袋が販売される日から約3ヶ月間となる。全国のモスバーガーで1会計に複数枚利用できる。持ち帰り専用チケット。

FullSizeRender

PPバッグは、福袋セットを入れて渡されるPP素材のバッグ。北欧調のデザインの中に、こっそり「モッさん」が隠れているので、探してみよう。
<サイズ> W約290mm×H約200mm×D約140mm
<素材> ポリプロピレン

FullSizeRender

モスバーガー2020年福袋は買うべき?

個人的にはモスバーガー2020年福袋は買うのはやめようかなと思っている。2019年福袋のようにお年玉券2,500円分(500円券×5枚)であれば、モスバーガーでハンバーガーを購入時にも利用できるので使いやすいが、バラエティパックになるとポテトとオニオンフライに限定されるので使い勝手が悪い。

FullSizeRender

バッグも新たに欲しいという訳でもなく、あれば便利かもしれないけどなくても困らないという程度なので、今回のモスバーガー福袋はあまり魅力を感じなかった。モスバーガーのモス野菜バーガーやポテト、シェイクを買う時に500円券を出せるという方が良かったな。

家族や友人みんなでバラエティパックを頼んで食べようという方にとっては、魅力的な福袋だと思う。ヒッコリー調バッグは男女使いやすいデザインでちょっと出かけるときに便利に使えそうだ。気になる方はモスバーガーの福袋を買ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

・モスバーガー2020年福袋の中身はバッグとバラエティパックA
・ヒッコリー調バッグは男女問わないデザイン
・バラエティパックAはフレンチポテトとオニオンフライ