カレー専門店のココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋)の2021年福袋が公開されている。ココイチの福袋は毎年絶対に買うようにしている。それは購入金額に対して中身のお得感が満載だからだ。

FullSizeRender

販売期間:第1弾 2020年12月26日(土)~
     第2弾 2021年年始営業開始日~

ココイチ店頭で販売されるこの福袋、一人2点までの購入制限があるので2点買う予定だ。各店なくなり次第終了となる。第1弾と第2弾に分けて販売されるが、福袋の内容は同じとなる。

今回はココイチの最強すぎる2021年福袋のお得度と買うべき3つの理由を紹介していきたい。


ココイチ2021年福袋の概要

まずココイチの2021年福袋の販売金額は2,000円(税込)。昨年度の福袋金額と同様だ。福袋の中身はちょっとしたお出掛けやサブバッグとして便利なサイズの「オリジナルトートバッグ」の中に、「お食事補助券2,000円分(500円×4枚)(税込)」、「オリジナルレトルトカレー(スパイスビーフキーマ)2個」となる。

FullSizeRender

福袋の販売店舗は、株式会社壱番屋がメインで展開しているカレーハウスCoCo壱番屋、他にも壱番屋が新たな業態店舗として展開しているあんかけスパゲッティ パスタ・デ・ココ、らーめん麺屋ここいち、鉄板ハンバーグにっくい亭の壱番屋グループ各店舗となる。予約は受け付けておらず、購入制限は2点まで。無くなり次第終了となる。

FullSizeRender

福袋の販売期間は第1弾と第2弾に分けて以下の通り。
販売期間:第1弾 2020年12月26日(土)~
     第2弾 2021年年始営業開始日~

通常、福袋の販売は新年を迎え、1月1日から販売する店舗が多いがココイチは年末から販売する。販売数は店舗によって異なる。おそらく各店舗の売上規模や昨年度福袋販売実績などから決められていると予想される。ココイチ店頭に行くと予告として、販売開始日と販売数が公開されているため、買う予定の方は店頭で確認して欲しい。

FullSizeRender

ココイチ2021年福袋の買うべき理由 その1

ココイチの福袋がお得感満載なのは、福袋の販売価格が2,000円(税込)に対し、お食事補助券2,000円分が入っており、更に様々な商品が福袋に入っていることだ。お食事補助券は500円券が4枚入っており、お一人様1回の食事につき500円券を1枚使用できる。

FullSizeRender

店内の食事会計ではもちろん、テイクアウトや宅配でもお釣りはでないがお弁当1個につき食事補助券1枚を使用できる。お食事補助券は壱番屋グループで使用できる。使用期間2021年1月1日~4月末日までの期間制限はあるが、期間内にココイチを利用して食事補助券を
使用すればそれだけで福袋購入金額の元が取れる。

買うべき理由としては、お食事補助券以外にもらえるトートバッグやレトルトカレーが実質タダで手に入るということだ。オリジナルトートバッグは昨年度は保冷バッグだったが、今年はデニム調で内ポケット付きのバッグとなる。

FullSizeRender

サイズは約横350cm×高さ200cm×マチ130mmと大きなサイズだ。目安としては500mlペットボトルが6本入る。ちょっとしたお出掛けやサブバッグとして便利なサイズで使いやすそうだ。

ココイチ2021年福袋の買うべき理由 その2

ココイチの福袋を買うべき2つ目の理由は、福袋限定のオリジナルレトルトカレーが入っていることだ。2021年は丑年であることから、牛ミンチを使用し、クミン・カルダモンなどのスパイスを効かせたキーマカレーが準備されている。具材にひよこ豆を使用し、よく炒めた玉ねぎの甘味も特徴となる。

FullSizeRender

金額は通常のレトルトキーマカレーが5個で1,900円(税込)なので、1個当たり380円。このレトルトカレーも同程度であることが予想される。金額予想は380円程度。

FullSizeRender

今回はココイチの2021年福袋を紹介した。気になる方はココイチへ行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

・ココイチ2021年福袋は2,000円(税込)
・ココイチ2021年福袋はお食事補助券だけで元が取れる
・ココイチ2021年福袋はバッグ、お食事補助券、レトルトカレー