餃子の王将は1967年12月24日に京都で創業した。創業から50年ということで今年は50周年記念としてふさわしい活動をしていた。

・50周年記念の今年、王将はどのような活動をしたの?
まずは熊本復興を応援する春の野菜煮込みラーメン。1杯売上につきて30円を寄贈するという慈善活動は社会性のある会社だなと感心した。続いて台湾進出を発表。日本で独自に進化した和食としての中華料理がどこまで通じるのか。日本の料理は美味しいし、台湾でも受け入れられる味だと思う。日本の料理を台湾で振る舞い、繁盛して欲しい。

創業50周年復刻メニューや特別メニューも販売した。復刻メニューとしてはほうれん草と玉子炒め。特別メニューとしてはレバーとにんにくの芽炒め、あんかけ焼きそば、夏野菜の黒酢すぶた、キャベ盛 豚焼肉、よだれ鶏、キノコと豚肉のバター醤油炒め、五目あんかけラーメン。どれも食べたくなるメニューばかりだ。

株主優待の拡充やお客様感謝としてスタンプを集めると賞品がもらえるキャンペーンも行った。今年の王将は株価がどんどん上昇している。チャートを見ると上がりすぎた感もあるので少し調整に入るかもしれない。それだけ投資が集まるほど会社に期待が集まっているということだ。

・王将は台湾に進出して成功したの?
成功だと思います。売上高は当初計画の月商1,000万円に対して2,600万円でした。地元の嗜好に合わせて塩味に配慮したメニューを出し、クールジャパンをコンセプトにした店の内観デザイン。これがまたお洒落、調理風景を見せる演出も良かった。

台湾店は2号店もオープン。海外拠点の成功は売上高に大きな期待が持てます。これからの王将にますます期待が高まります。

・そろそろクリスマスイブの50周年創業祭のことを
2017年12月24(日)限定で、店内飲食またはお持ち帰りで店舗を利用すると500円割引券がもらえます。創業当時の餃子試食券の復刻デザインが面白い。割引券の配布は12月24日のみです。

クリスマスイブに行かなければいけないので、既に予定がある方には無理は言えない。でも夜はチキンを食べるなど予定があってもお昼に行けたら行って欲しい。500円割引券の有効期限は2017年12月25日(月)~2017年2月28日(水)。家族で何枚か割引券をもらった場合、会計税込み1,000円ごとに1枚使用できます。

・王将はこれからもキャンペーンをやる?
これからも色々なキャンペーンやイベントをやると思います。王将はスタンプ2倍押しキャンペーンはお客様満足に繋がったと発表されています。これからもお客様満足への挑戦を続けると言っていますので期待が持てます。

また100年企業としての意気込みも発表しています。50年に満足することなく、次のゴールを見ているところはすごいですね。企業が事業継続性を考えるのは経営学の基本中の基本。

これからの王将には目が離せませんね。クリスマスイブに王将へ行ける方は是非行って割引券をもらってください。

まとめ
・王将は50周年記念として今年積極的な活動をしてきた
・50周年創業祭の2017年12月24(日)限定で500円割引券がもらえる
・これからの王将もお客様満足への挑戦を続けると言っている